ITの普及により、ツイッターがコミュニケーションツールのひとつとして重宝されるようになりました。俗に言われる「呟き」で多くの人の心をつかんだツイッターが、今後の日本を変える礎になる可能性が考えられて、ともすればツイッターの利用で元気を貰ったという方がいるのではないでしょうか。

ツイッターは、ふと感じたことを短い文章で表すため、極力伝えたいことに絞る必要があります。だからこそ今日一日で印象に残ったことを思い浮かべながら文章を書く楽しみが出てくるのだろうと考えられるのです。

一つのことに関して色んな意見を交わしながら共感していくことを教えてくれたのがツイッターではないかと思います。
ツイッターに参加する人が多くなるほど、「なるほど、この人はこういう考え方をするんだな」や「この人とは価値観が合うから、定期的にツイッターで連絡を取り合おう」などを感じる機会が多くなると考えられます。

気軽にメールで会話ができるということで、ツイッターが多くの人に親しまれているのが窺えるのです。
例えば、「最近調子はどう?」や「あそこのお店のパフェは美味しいよね」などの今の状況をリアルタイムで伝えていこうとする意識喚起を促していくと考えられて、さりげない一文から馴れ合いの関係であることを相手に伝えているように感じます。

ツイッターで交流の輪が広がっていくことが窺えて、呟くことの楽しみがどんどん増えていくような予感がしてくるのです。ツイッターがITの素晴らしさを表しているのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です