IT企業で面接に臨む応募者は、「せっかく書類選考が通って面接までこぎつけたんだから、面接官に好印象を与えられるような自己アピールをしていこう」と思っているかもしれません。
いかに志望動機を面接官に伝えていくかが重要となり、相手の目を見て話すことに気を付けることも面接を成功させる秘訣だと思うのです。

面接官から意思表示がしっかりとできる人は、コミュニケーション能力の高い人だと評価してもらうことにつながり、企業にとっての戦力になる見込みのある人材なのだと感じてくれるのではないでしょうか。
面接官からの質問を的確に答えられることで、仕事でも的確な状況判断能力があることを面接官に伝えることができると考えられるのです。

IT企業の面接官は、「今日訪れる応募者はどんな人なんだろうな。ちゃんとした人物像だということを見抜くための質問をいくつも用意しているから、その質問にどれくらいの応募者が答えることができるのか今から楽しみだ」と思ってそうです。
面接官は、共にIT社会を築いてくれる人材が優秀であるほうがいいに越したことはないですし、面接官が面接に期待を寄せているのは、優秀な人材が現れる可能性があるからであり、応募者のITスキルの高さを採用の基準にすることが多々あると思うのです。

一方で、応募者は面接を可能性を広げる出会いの場だと意識していると考えられて、応募者が未知なる領域へ踏み出すためのきっかけになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です